ぜんそくはどのような病気か

ぜんそくはヒューヒュー・ゼーゼーと言った喘鳴、呼吸困難、咳、痰の症状が特徴です。このような症状は夜間から明け方に多く起こります。ぜんそくは空気の通り道である気道に慢性の炎症がおこり、この気道が狭くなることにより生じます。気道の炎症はアレルゲン(ホコリ、ダニ、犬や猫の毛など)、ウイルス感染、タバコなどの刺激などで起こります。気道に炎症がありますと、気道は様々な後述する刺激に敏感に反応して狭くなります。

当院でのぜんそく治療の目標

当院では最新のガイドラインに従いぜんそく治療を行うことで、治療薬による副作用がなく、患者さんの苦しい症状を早期に治療するように心がけております。また、治療を継続することでぜんそくの原因である気道炎症や気道過敏性の亢進を改善させ、日常生活に支障のないように努めております。

ぜんそくの治療

ぜんそくは慢性の気道炎症により気道が過敏になり、ここに様々な誘因が加わることで起こることを説明しました。そこで、現在のぜんそくの基本的な治療は慢性の気道炎症を抑え、収縮した気道を拡張することが必要です。気道炎症は吸入ステロイド薬で治療し、収縮した気道は気管支拡張薬で治療します。ぜんそくを早期に診断し、吸入ステロイド薬を中心とした気道炎症を常に抑制すると、ぜんそく発作がなくなり、健康なヒトと変わらない日常生活が可能になります。日本や世界のぜんそく治療ガイドラインでも週に1回以上ぜんそく症状がある患者さんは吸入ステロイド薬を使用するように勧めております。そして吸入ステロイド薬のみでぜんそくが治らない時や中等症以上の重症の患者さんは、気管支拡張薬や抗アレルギー薬を併用して治療します。

ぜんそくの診断

ぜんそくに特徴的な症状(ヒューヒュー・ゼーゼーと言った喘鳴、呼吸困難、咳、痰)と呼吸機能検査で診断します。呼吸機能検査は気管支拡張薬の吸入前と後で、気管支が拡張するか否かですぐに診断できます。しかし、タバコを吸うヒトは肺気腫と言う病気も合併することがあり、気管支拡張薬の作用が低く、診断が難しいことがあります。

ぜんそくの誘因

ぜんそくを起こす誘因を頻度の多い順に紹介します。一番の原因はカゼ(感冒)です。順にホコリなどのアレルゲン吸入、台風や梅雨などの天候の変化(気圧の変化)、疲労、ストレス、タバコ、運動、睡眠不足、アルコール、花粉症、月経、薬物、妊娠などです。

予約・混雑状況

ネット予約が可能な時間帯は以下の診察時間内となります。

9:15 ~ 11:30 14:15 ~ 17:00 診察順の予約となりますので診察待ち人数をご確認の上、ご自分の順番に間に合うよう来院して下さい。 尚、順番が過ぎての来院はその時点でお待ち頂いている方からの順次受付となりますのでご了承下さい。 ご予約はこちらから QRコードQRコードからも ご利用いただけます
English
Do you have any allergy symptopms? If you have medical problems such as asthma, seasonal or chronic nasal symptoms, cough allergic skin conditions can be controlled with proper diagnosis and optimum treatment.  
乳幼児健診のご案内
予約制にて乳幼児健診をおこなっております。 事前にお電話にてご予約をお願い致します。
健康診断のご案内
現行の特定健診(40歳から74歳)は受診券が必要となります。 後期高齢者医療証(75歳以上)をお持ちの方は受診券は必要ありません。 社会保険の方の個別健診も受け付けております。 詳細はお電話にてお問い合わせください。
臨時休診のお知らせ
臨時休診:12月16日(土)平成30年1月19日(金)~24日(水) 12月23日(土)は午前中診療を行います。 年末年始休診:12月31日~1月3日  平成30年1月4日(木)午前中は診療行います。  
  • ワクチン情報平成29年度インフルエンザワクチンワクチンは12月15日朝から接種可能です。16日は臨時休診です。当日ネット予約はできませんので受診された順番での接種となり、無くなり次第終了となりますのでご了承下さい。 *公費ワクチンは予約なしで接種可能です。 *B型肝炎ワクチン(1歳以上)、おたふくかぜワクチン、水痘ワクチン(3歳以上)等自費ワクチンは予約制にて接種受付けております。 *生後2か月~ロタウイルスワクチン(自費)、Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチンを同時接種にて開始できます。
  • 小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー)2ヶ月から5歳未満
  • Hib(ヘモフィルスインフルエンザ菌b型)ワクチン2ヶ月から5歳未満